【レビュー】いけにえにと雪のセツナのプレイ評価



いけにえと雪のセツナのプレイを続けてきたわけですが、プレイ攻略が終わりました。

エンディングも見たし、隠しボスも無事に撃破したので思い残すことはないです!

 

メーカーがスクエニってことで大外れもなく程よく楽しめたかなってのが率直な感想。

ですが良い点も悪い点もあったので、これから買う人は参考にしてみてください。

 

 

 

いけにえと雪のセツナの良かった点

買って大外れはない◆

良くも悪くもスクエニですし、過去のRPGの超傑作である「クロノトリガー」に似ています。

なので大きな期待外れは無く遊べたように感じてますね。

 

あくまで大外れが無いってとこを強調しておきますね。(笑)

 

理由はあとで…

 

 

 

 

◆刹那システムで技術介入要素がある◆

「たたかう」とか「魔法」などのコマンドを入力して

戦闘するタイプはどうしても単調になりがちです。

 

ステータスやレベルとコマンドで結果が決まってしまわけですからね。

 

 

でも刹那システムというATBゲージとは別にある

SPゲージというもので刹那を発動できます。

 

 

刹那を発動することで攻撃や回復に付加効果がつきます。

刹那システムをうまく使うことで攻略がしやすくなるし

自分ならではの攻略法が出てくるのがいいと思いましたね。


◆法石の昇華システムが楽しい◆

法石という技やサポート効果を付ける石があります。

それをキャラに装備させることで技を増やしたり

サポート強化されていきます。

 

FF7で言うマテリア的な存在ですね。

 

そして法石は法器に装着するんですけど、法器自体に

決められた効果があります。(物理攻撃UPなど)

その法器に法石をつけていると法石にその効果が付与されます。

 

そうやって法石を自分なりにカスタマイズしていくことで

自分だけの法石を作ることが出来ます。

そこは楽しい点だったと感じてますね。

 

 

 

 

 

いけにえと雪のセツナの悪かった点

◆なにかと不親切◆

進めるにあたって不親切だな~って思う点が多数。

 

・素材を売らないとお金が手に入らない

・普通に強敵がフラフラしている

・なのに逃げるのはアイテム「ミストーン」が必要

・飛空艇の操作方法の説明が無い

 

やっていく中で僕が思っただけでもこんな感じです。

 

 

素材を売ってお金を手に入れないと武器やアイテムは

買えません。でもその基本システムの解説はなし。

 

強敵が普通にいて挑んだらBGMが変わります。

やばい!ってなったらアイテムを使って逃げないと

ほぼ殺されます。初見ではほぼ勝てないので。

 

飛空艇を初めて手に入れてもいきなり操作します。

普通は最初だけでも操作説明の画面になりますよね。

それも無かったです。

 

なにかと不親切。

 

 

 

◆音楽がピアノのみで暗い◆

ゲーム内のBGMが全てピアノで構成されてます。

最初は「きれいなBGMだな~」って思ってました。

 

でもさすがにずっとピアノだけだと盛り上がりに欠けます。

ボスでアップテンポの曲であってもピアノだけです。

なんか物足りない…。

 

なんのこだわりなんでしょうか?

 

ピアノだけで構成されているのか、ストーリーのせいなのか

ゲームも全体的に暗いです。

 

明るいゲーム性や展開を求める人には向きませんね。

 

 

 

◆移動がかなり面倒です◆

フィールドではいずれ飛空艇が手に入ります。

でもダンジョン内では全て徒歩です。

そこまではRPGなら普通です。

 

 

でも脱出するアイテムや魔法は全然ありません。

 

しかも飛空艇で別の入り口から入るとします。

そして進んでいって出口から出ると飛空艇は

入り口側に置かれているので徒歩で戻ることに…。

 

 

せめて飛空艇を呼び寄せるアイテムかダンジョンから

出る魔法やアイテムを用意するべきだったんじゃ?

 

 

 

◆クロノトリガーに似すぎている◆

傑作「クロノトリガー」にそっくりなのは一見よさそう。

PVでもそう唄われてるので買ったってのもありました。

でも逆にそっくり過ぎるのはいかがなものかと…。

 

 

こいつが出てきた瞬間

 

「こいつ仲間になるんやろな」

 

と思っちゃいましたね。クロノトリガーでいう「魔王」

昔はかなりびっくりした展開でしたけど2回目だと

 

「あぁ、やっぱりね」

 

って感じでガッカリします。

しかも技やら武器やらにもそういった点を盛り込んでます。

「虹」とか「カエル落とし」とか「シャイニング」とか。

 

クロノトリガーファンが喜ぶとでも思ったのでしょうか。

逆に冷めてしまいましたね。僕は。

 

 

 

◆素材集めが複雑すぎる◆

法石で技を増やしていくシステムで、作るのに素材が必要。

でも素材のシステムはとても複雑です。

 

 

必要な素材を手に入れる為に敵を倒さないといけない。

でも素材名でどの敵を倒せばいいのかが全く解らない。

 

しかも同じ敵で「刹那で倒す」「炎で倒す」など

条件で手に入るアイテムが変わってくるというシステム。

 

ここまで細かいと、どの敵を倒せばいいのかを調べるのも

一苦労で正直「これ取りに行こう!」って気にはなれない。

 

 

 

 

いけにえと雪のセツナ総評

<評価>

 

評価は★1.5です(笑)

 

僕は中古で1300円で購入したので、この金額なら納得です。

中古でこの値段だから許せているんだと思います。

 

でもこれが新品で4300円で電気屋とかで売ってたとして

これを買ってたら間違いなく後悔してます。

 

ストーリーはそこまで悪いものではなかったと思ってますが

主人公の存在が良くわからなかったし、システムも不親切。

ボリュームについても正直なところは少ないと感じました。

 

 

キャラもクロノトリガーは鳥山明が書いてたので

魅力あるキャラでしたが今回は人形みたいなキャラです。

そこまで魅力を感じれなかったですね。

 

自分で高いお金を払って買わないで中古で十分です。

中古で安値で暇を潰すくらいが丁度いいかなって思います。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
プロフィール
カテゴリー
人気記事
最近の投稿

ページの先頭へ