【レビュー】ダークソウルの実践評価

 

フロムソフトウェアから発売されたソフト

 

「ダークソウル」

 

昔、ゲーム好きの会社の先輩に勧められて

プレイした思い出のソフトです。

 

 

このソフトでの思い出といえば

 

「死」

 

本当にこの言葉がぴったりと断言できますね。

 

ゲームのジャンルはアクションRPGなんですが

まぁ死んだ回数は覚えていませんw

 

 

 

ダークソウルの良かった点

◆やりごたえは満点!◆

難易度は超絶級で死ぬのは当たり前なゲームシステム。

ボスどころか一つ間違えば雑魚でも普通に死ねます。

 

だからこそやりごたえはめっちゃありますね。

常にヒリヒリしながらプレイを楽しめました。

 

特に思い出になったのはこのボス。

 

こいつとの戦闘は何回死んだかホントに分からん。

しかも1体倒すと残りのもう1体がパワーアップする

鬼仕様になってます。

 

でもやりごたえを求める人にはもってこいのソフトです。

 

 

 

◆武器や魔法がたくさんあって色んな攻略ができる◆

武器で攻めて行きたければ戦士系で攻略もできるし

魔法で行きたければ魔道士っぽく攻略も可能。

 

自分なりの進め方が出来るので一回では遊びつくせないですね。

 

 

◆パリィがめっちゃ楽しい◆

ダークソウルの肝となるシステムです。

敵からの打撃をタイミングよく払った後にカウンターで刺せます。

 

成功したら凄い楽しいし、相手にも大ダメージです。

ダークソウルといったら「パリィ」といっても過言ではないです。

 

 

 

 

ダークソウルの悪かった点

◆操作性があまりよくない◆

キャラのジャンプとか結構モッサリしてますんで

細かいところとかに飛び移るのが難しいです。

 

落ちるところとかだと結構な頻度で落ちて死んでました。

そこはちょっと残念でしたね。

 

 

◆全体的に暗いイメージで静か◆

まずソフトの印象から暗いですね。

敵も主人公も結構ダークな感じですしね。

 

そしてBGMも暗いし静かな感じですね。

ボス戦とかでもそんなにカッコイイ曲のイメージはないです。

 

 

◆ラスボスが弱すぎた◆

ラスボスまでは激戦が多いのに、いざラストになるとボスが弱い…。

まぁプレイスキルが上がったのかもしれませんが。

 

でも↑に載せてる動画のボスに比べたら余裕ですね。

ラスボスがこんなのでいいのかと思ってしまいました。

 

 

 

ダークソウルの評価

【評価】

 
 
グラフィックがリアルな反面、グロいイメージもあります。
なので人によって好みがハッキリするソフトです。
 
ただ、ゲームの腕に自信がある人で腕試しがしたいって人にはもってこい!
思う存分死んでみてください(笑)
 
僕はフロムソフトウェアのソフトが好きなんでハマリました!
グロいの平気!腕試しをしたい!そんな人はダークソウルは買いです!
 
スポンサーリンク

【レビュー】いけにえにと雪のセツナのプレイ評価


いけにえと雪のセツナのプレイを続けてきたわけですが、プレイ攻略が終わりました。

エンディングも見たし、隠しボスも無事に撃破したので思い残すことはないです!

 

メーカーがスクエニってことで大外れもなく程よく楽しめたかなってのが率直な感想。

ですが良い点も悪い点もあったので、これから買う人は参考にしてみてください。

 

 

 

いけにえと雪のセツナの良かった点

買って大外れはない◆

良くも悪くもスクエニですし、過去のRPGの超傑作である「クロノトリガー」に似ています。

なので大きな期待外れは無く遊べたように感じてますね。

 

あくまで大外れが無いってとこを強調しておきますね。(笑)

 

理由はあとで…

 

 

 

 

◆刹那システムで技術介入要素がある◆

「たたかう」とか「魔法」などのコマンドを入力して

戦闘するタイプはどうしても単調になりがちです。

 

ステータスやレベルとコマンドで結果が決まってしまわけですからね。

 

 

でも刹那システムというATBゲージとは別にある

SPゲージというもので刹那を発動できます。

 

 

刹那を発動することで攻撃や回復に付加効果がつきます。

刹那システムをうまく使うことで攻略がしやすくなるし

自分ならではの攻略法が出てくるのがいいと思いましたね。


◆法石の昇華システムが楽しい◆

法石という技やサポート効果を付ける石があります。

それをキャラに装備させることで技を増やしたり

サポート強化されていきます。

 

FF7で言うマテリア的な存在ですね。

 

そして法石は法器に装着するんですけど、法器自体に

決められた効果があります。(物理攻撃UPなど)

その法器に法石をつけていると法石にその効果が付与されます。

 

そうやって法石を自分なりにカスタマイズしていくことで

自分だけの法石を作ることが出来ます。

そこは楽しい点だったと感じてますね。

 

 

 

 

 

いけにえと雪のセツナの悪かった点

◆なにかと不親切◆

進めるにあたって不親切だな~って思う点が多数。

 

・素材を売らないとお金が手に入らない

・普通に強敵がフラフラしている

・なのに逃げるのはアイテム「ミストーン」が必要

・飛空艇の操作方法の説明が無い

 

やっていく中で僕が思っただけでもこんな感じです。

 

 

素材を売ってお金を手に入れないと武器やアイテムは

買えません。でもその基本システムの解説はなし。

 

強敵が普通にいて挑んだらBGMが変わります。

やばい!ってなったらアイテムを使って逃げないと

ほぼ殺されます。初見ではほぼ勝てないので。

 

飛空艇を初めて手に入れてもいきなり操作します。

普通は最初だけでも操作説明の画面になりますよね。

それも無かったです。

 

なにかと不親切。

 

 

 

◆音楽がピアノのみで暗い◆

ゲーム内のBGMが全てピアノで構成されてます。

最初は「きれいなBGMだな~」って思ってました。

 

でもさすがにずっとピアノだけだと盛り上がりに欠けます。

ボスでアップテンポの曲であってもピアノだけです。

なんか物足りない…。

 

なんのこだわりなんでしょうか?

 

ピアノだけで構成されているのか、ストーリーのせいなのか

ゲームも全体的に暗いです。

 

明るいゲーム性や展開を求める人には向きませんね。

 

 

 

◆移動がかなり面倒です◆

フィールドではいずれ飛空艇が手に入ります。

でもダンジョン内では全て徒歩です。

そこまではRPGなら普通です。

 

 

でも脱出するアイテムや魔法は全然ありません。

 

しかも飛空艇で別の入り口から入るとします。

そして進んでいって出口から出ると飛空艇は

入り口側に置かれているので徒歩で戻ることに…。

 

 

せめて飛空艇を呼び寄せるアイテムかダンジョンから

出る魔法やアイテムを用意するべきだったんじゃ?

 

 

 

◆クロノトリガーに似すぎている◆

傑作「クロノトリガー」にそっくりなのは一見よさそう。

PVでもそう唄われてるので買ったってのもありました。

でも逆にそっくり過ぎるのはいかがなものかと…。

 

 

こいつが出てきた瞬間

 

「こいつ仲間になるんやろな」

 

と思っちゃいましたね。クロノトリガーでいう「魔王」

昔はかなりびっくりした展開でしたけど2回目だと

 

「あぁ、やっぱりね」

 

って感じでガッカリします。

しかも技やら武器やらにもそういった点を盛り込んでます。

「虹」とか「カエル落とし」とか「シャイニング」とか。

 

クロノトリガーファンが喜ぶとでも思ったのでしょうか。

逆に冷めてしまいましたね。僕は。

 

 

 

◆素材集めが複雑すぎる◆

法石で技を増やしていくシステムで、作るのに素材が必要。

でも素材のシステムはとても複雑です。

 

 

必要な素材を手に入れる為に敵を倒さないといけない。

でも素材名でどの敵を倒せばいいのかが全く解らない。

 

しかも同じ敵で「刹那で倒す」「炎で倒す」など

条件で手に入るアイテムが変わってくるというシステム。

 

ここまで細かいと、どの敵を倒せばいいのかを調べるのも

一苦労で正直「これ取りに行こう!」って気にはなれない。

 

 

 

 

いけにえと雪のセツナ総評

<評価>

 

評価は★1.5です(笑)

 

僕は中古で1300円で購入したので、この金額なら納得です。

中古でこの値段だから許せているんだと思います。

 

でもこれが新品で4300円で電気屋とかで売ってたとして

これを買ってたら間違いなく後悔してます。

 

ストーリーはそこまで悪いものではなかったと思ってますが

主人公の存在が良くわからなかったし、システムも不親切。

ボリュームについても正直なところは少ないと感じました。

 

 

キャラもクロノトリガーは鳥山明が書いてたので

魅力あるキャラでしたが今回は人形みたいなキャラです。

そこまで魅力を感じれなかったですね。

 

自分で高いお金を払って買わないで中古で十分です。

中古で安値で暇を潰すくらいが丁度いいかなって思います。

スポンサーリンク

【レビュー】ドラゴンクエスト11のプレイ評価


ドラゴンクエストシリーズの最新ソフト「ドラゴンクエスト11」ですがプレイ攻略が終わりました。


久々に王道のRPGをプレイして楽しめたなって思ってます。かなり評価は高いものになりますね。順番に良かった点・悪かった点を書いていきますのでこれから買う人は参考にしてみてください。

 

 

ドラゴンクエスト11の良かった点

◆うまく過去のドラクエ要素を盛り込んでる
ホントに集大成といっても過言ではないと思うほどにうまく纏まってます。

3DS版では過去のドラクエの1イベントを切り取って取り入れてたりするので、昔からのドラクエプレイヤーなら懐かしさを、知らない人でも新鮮さを感じられます。


これを考えた開発者は凄いと思いましたね。



◆音楽チョイスも秀逸
ドラクエの中でも神曲とされている「ゾーマ」との戦闘BGM。

 

今回はこれも取り入れられてます。しかもドラクエ3のフィールドBGMまで!これ大好きなんでかなり評価は上

がりましたね。

 

他にも上で書いてますが過去のドラクエイベントの時にはその時のBGMが流れるので、今までプレイしてきたゲーマーの方々にはたまらないと思うんです。僕はまさにそうでした。

 

 

 

◆特技やスキルが豊富

呪文はレベルで覚えるキャラが決まってます。でも特技やスキルはプレイヤーのスキルポイントの振り方によって覚えるものが違ってくるので自分なりの進め方が出来て楽しいです。

 

他の人と「僕はこのスキルで育ててる」とか「このスキル便利」とか話したりすると楽しいですし、人が苦労してても自分で育てたキャラであっさり倒せたら結構優越感に浸れるかも。



◆やり込み要素もたくさんあり
サブクエスト
称号集め
スキルを全部覚える
不思議な鍛治の制覇
最強武器防具の入手

等々、色々とやり込める要素があります。それに裏ボスも存在してますのでクリア後もまだまだ楽しめます。


これだけなら普通のRPGでもある話ですが、ドラクエ11には縛りプレイなるものが存在します。


「逃げられない」
「買い物が出来ない」
「防具を装備できない」
「はずかしい呪い」

等々。

色んな縛りプレイの要素が組み込まれてて、ゲームスキルの高い人のことまで考えられてます。王道RPGでありながらプレイできる人の幅を広げれているのが凄い!



◆プレステ4版と3DS版で差を持たせている
これは人によっては悪い点にもなるかもですが、戦略的には上手いなと思いました。最初はこけるかなと思ってたけど。

 

3DS版にはすれちがい機能を持たせて、専用のイベントやボスを作っています。PS版はグラフィックはもちろんのこと、カジノに現実にそっくりなスロットがあったりと工夫されています。

内容が面白いだけに、違う方も遊んでみたいと思ってしまいます。駄作なら多分そんな気は起きないですね。

 

 

 

ドラゴンクエスト11の残念な点

◆主人公にインパクトが弱い
ゲーム内では勇者ということで存在感はありますが、外見があんまりインパクトが無いというか特徴が弱いように思うんです。

あのサラサラヘアーの髪型は残念だったかなって思いました。もっと特徴を持たせても良かったと思うのは僕だけでしょうか?

 

 

◆他は特にない

ほんとに今回のドラクエは心から楽しめましたね。良くなかった点は主人公の外観くらい(笑)

 

 

総評

<評価>

 

素晴らしい出来だと思いました。僕のなかではドラクエシリーズの中で1番です!RPGはほとんど2回やらない僕ですけど、またやろうかなって思ってしまってます。残念なのは主人公の髪型くらいですが、それくらいなんで評価は★5です(笑)

これは他の人に自信をもって勧めれます。それくらい楽しかった。


時間が取りにくい人は3DS版でコツコツできるし、家で時間が取れる人はプレステ4版で高画質で楽しめます。こうやって用途によって買い分けできるのも素晴らしい。やるゲームに困ったら買っても後悔しないでしょう。

スポンサーリンク

【レビュー】ファイナルファンタジー15のプレイ評価

ファイナルファンタジー15をクリアして一通り遊び尽くしたので、レビューを残します。

 

良かった点、悪かった点を包み隠さず感じたままに書きます。

 

気を悪くせず個人の意見として聞いてください。ネタバレ注意です。

 

 

ファイナルファンタジー15の良かった点

★グラフィックは最高レベル
FF史上最高と行っても過言ではないですね。リアルに映画を見てるみたいな映像です!

 

 

今までだったらイベントシーンだけ綺麗とかもありましたけど、そうではなく常時綺麗です。そこは良い点でしたね!

 

 

★戦闘もフィールドも操作自由度が高い
今までのFFに無い戦闘やフィールドの自由度は良かったです。アクション性が高く、自分のプレイスキルが戦闘結果に影響します。

 

 

僕はアクションRPGが好きなので良かった点と思っています。

 

 

 

★召喚魔法の威力が凄い
歴代のFFの中で召喚魔法の威力が一番高いです。自由に使えないのは難点ですけど、それに見合った威力があります。ボスのHPもガッツリ削ったり倒せてしまうこともしばしば。

 

迫力も満点です。

 

 

バハムートや

 

 

シヴァなんかもいますよ。

 

 

FFシリーズおなじみの召喚獣たちですね。

 

 

★魔法精製のシステムは楽しい
魔法をエレメントやアイテムの合成で作るシステムは楽しいですね。自分なりに色々と試していくのは良かったです。

 

 

 

 

ファイナルファンタジー15の悪かった点

◆ロード時間が長過ぎる
高画質でシームレスの弊害なんでしょうけど、異様に長いです。

 

 

移動は車、チョコボ、徒歩になるんですけど、かなりの遠方に行きたい場合にギルを払ってワープできる「ファストトラベル」と言う機能があります。でもファストトラベルした時のロード時間が長いせいでストレスになるくらいです。

 

「ファストじゃないやん!」

 

と言いたい。

 

 

 

◆飛空艇がサブ的な扱い

 

ファイナルファンタジーといえば飛空艇!それがメインでは活用できないというのはショックでしたね。

 

 

クリア後にレガリアに飛行機能が付けれるようになるんですけど、着陸に失敗したらゲームオーバーです。リアルを追及するのはいいけど、ここまでくると気軽に探索できないです。

 

終盤に飛空艇で色んなところを探索するのもFFの醍醐味だと思ってるので残念な点でした。

 

 

◆ストーリーが短い

FF15の中で僕が一番ダメだと思ってしまった点がこのストーリーの短さですね。一言で表現すると「広く浅いRPG」です。

 

メインストーリーが短くてエンディングになったとき

 

「えっ?終わり?」

 

って思ってしまいました。

 

ストーリーには過度な期待は禁物です。唯一の救いは「広く」の点。サブクエストをじっくりこなしながら進めればかなりの時間を遊べます。まぁそれもお遣いみたいなもんですけどね。そんだけ。

 

 

 

◆戦闘のバランスが悪い
ポーションがあれば余程のことがない限りは、ずっとゾンビのように蘇れてしまいます。

 

強いボスでもポーションで蘇生しつつ削っていけば勝ててしまうのは如何なものかと…。これはかなり残念なところでしたね。

 

それに加えて良くないと感じたのが指輪魔法「オルタナ」です。オルタナを使うとシガイの大概の敵が瞬殺できてしまうのは…。

 

封印の鍵のダンジョンの敵なんかも、オルタナ→エーテルのコンボでほとんどが倒せます。酷いのはダンジョンのボスまで倒せる点です。

 

オルタナはストーリー上の一部だけ使えるような扱いで良かったと個人的には思うんですよね…。

 

 

 

◆不要なアクション要素
最後の隠しダンジョンにプティオス遺跡というのがあるんですが、そこがなんとアクション屋敷です。

 

アクションのみで進むダンジョンなんですけど、その意図が謎です(笑)

 

僕は「なんでFFでアクションゲームやらなあかんねん」と思ってしまいました。

 

 

 

 

FF15の総評

FF15のオススメ度

 

 

最近のゲームはグラフィック重視が多い気がします。絵はきれいでもストーリーやシステムが良くないと楽しくないです。FF15はまさにその典型だと思いました。

 

ストーリーはペラペラでシステム面でも移動やらロード時間でストレス感じるし。FFシリーズをやったことない人にFFを勧めるとしてもこのソフトは勧めません。FF最新作ではあっても残念としか言いようがないです。

★2つの理由としては僕の好きなアクション性の高い戦闘システムだったのがプラス要因です。まぁそれを求めるなら別にFFじゃなくてもいいんですよね…。

 

 

このブログ始めて最初のレビューなのに、こんな酷評を書くことになるとは…。ファイナルファンタジーファンとしてホントに残念ですよ。

 

 

スポンサーリンク

【レビュー】ポケットモンスター赤緑の魅力を語ります

 

【ソフト名】

ポケットモンスター赤

 

 

【メーカー】

ゲームフリーク

クリーチャーズ

 

 

【ジャンル】

ロールプレイング

 

 

【ストーリー】

目的はポケットモンスター151種を集めること。主人公とライバルが集めるために冒険に出ます。冒険の最中には悪の組織がいたり、ポケモンジムにいるボスを倒すことで実力のあるトレーナーの称号となるバッジを獲得していくことになります。

 

 

【感想・レビュー】

当時はゲームボーイでしたよね。単3電池の消費が僕の財布を苦しめました(笑)

それでもプレイしたくなるほどの名作でしたね。

 

 

まずポケットモンスター(通称ポケモン)をただ倒す訳ではなく、出会ったポケモンを捕まえてそのまま仲間にできるのが画期的でした。

 

それに加えて、今でこそ当たり前になってますけど、同名ソフトの2本同時販売は刺激的でした。

 

そしてその2本同時販売がちゃんと意味を成していて、片方のソフトでは出てくるポケモンがもう片方では出会うこともないという作りです。

 

 

そうなると「2本買わんとあかんやん!」となりそうですけど、そこもしっかり考えられてます。

 

 

それが最大の特徴

 

「通信機能の活用」

 

これですよね。

 

プレイヤーはポケットモンスター赤だけでも緑だけでもポケモン図鑑をコンプリートできないけど、友達と通信して交換すればコンプリートできちゃうわけです。

 

 

あと育てたポケモンをプレイヤー同士で対戦もできるというのも熱くなれる点でした。ポケモン同士の相性を想定してパーティを構成して勝てた時の喜びときたらたまりませんねw

 

 

それと当時は流行りすぎてバグ技だったり幻のポケモン「ミュウ」の存在について色んな情報が出回ったりもしました。それくらい一斉風靡したソフトでしたよ。

 

 

思い出のソフト、初代ポケモンについて振り返ってみました。

スポンサーリンク

【レビュー】サガ3 時空の覇者の魅力はこれ!

僕が昔に始めてプレイしたゲームボーイソフト

 

 

 

 

【ソフト名】

サガ3 時空の覇者

 

 

【メーカー】

スクウェア

 

 

【ジャンル】

ロールプレイング

 

 

【ストーリー】

世界の上空に現れた「水がめ」から水と魔物が溢れ出す。それによって世界が危機に襲われる。危機を防ぐために伝説の戦闘機「ステスロス」を完成させて時空を行き来し、世界を救う旅に出ることになる。

 

 

【感想・レビュー】

当時は小学生でした。そして僕が始めてプレイしたRPGソフトです。王道の「たたかう」とか「まほう」とかのコマンド入力して戦うスタイルです。   ゲームボーイソフトでしたがストーリーにも魅力があったし、凄い楽しめましたね。中でも語りたい大きな魅力は2つ!

 

 

①音楽が神がかっている

プレイする中でお助けキャラが登場するときに流れるBGMが神曲だったのを今でも鮮明に覚えています。BGMを聞き続けたいから会話を進めるのを止めてしまうほどです。スクウェアのソフトの大きな魅力だと思っています。

 

 

  こちら

この動画の16:50から流れる曲に当時感動していたなぁと懐かしくなります。

 

 

 ②お肉・パーツシステム

普通のRPGはレベルや装備だけで強化されていくけど、サガシリーズの魅力は「お肉」「パーツ」システムと言えると思うんです。倒した敵がたまに落とすお肉やパーツを仲間に与えることで、魔物に変身できます。

 

変身することで魔物の技を使えるし、ステータスも変化します。これによってプレイの仕方の幅が広がっていくのが素晴らしいと感じました。

 

 

3DSでリメイクされてます。やっぱり名作だからこそリメイクされてるんだろうな。  

スポンサーリンク

プロフィール
カテゴリー
人気記事
最近の投稿

ページの先頭へ