ゲームライフを邪魔するのは○○!

ゲームの時間というのはゲーマーからすると至福の時ではないですか?

 

少なくとも僕はそう思っています。

 

ゲームの攻略自体も楽しいし、RPGであればストーリーや音楽でも楽しませてくれる。

 

「あぁーもうゲームの世界に入り込みたい!」

 

すいません。つい僕の心の底の欲望が表に出てしまいましたね(笑)

 

ですが、そんな僕の思いを邪魔する存在があります。

 

「仕事!」

 

こいつは非常にやっかいな存在で僕を悩ませます。

 

 

 

仕事は色んな形で襲ってくる

昔よく、学校帰りに友達の家に流れ込んで遊んでましたよね?

今思い出しても学生時代は楽しかった。

 

ストレスなんてほぼゼロですし、あるといってもせいぜい学校行事か友達とのケンカ程度です。

時間のコントロールも楽で、学校さえ終わればゲーム時間を作るのは簡単でした。

 

 

でも社会人になると学校とは違い、責任のある仕事をすることになります。

その仕事はいろんな形でゲームの楽しみを阻害していくんです。

 

 

①そもそもの労働拘束時間

②体への疲労

③ストレス・悩み

④残業

⑤社内でのつきあい

 

僕の中ではこの5つが阻害している要因だと思っています。

 

 

①そもそもの労働拘束時間

1日8時間労働。1週間で40時間。1ヶ月で160時間。めっちゃ長い時間を奪われています。でもこの時間は全て仕事に使わなければいけない…。こんなにゲームが出来たらどんだけ幸せか…。

 

②体への疲労

8時間も働けば体には当然疲労が蓄積されます。それによって仕事が終わっても疲れのせいでゲームへの意欲が半減してしまいます。最悪寝てしまって終わりなんてことも。

 

③ストレス・悩み

ストレスや悩みがあると、精神を平常に保てなくなってしまします。「あの仕事、○日までに仕上げないと…」なんて考えながらゲームしても純粋には楽しめないですよね。

 

④残業

これもよくあります。突然残業させられて帰る時間が遅くなってしまうパターン。これによってゲームできる時間が削られます。

 

⑤社内でのつきあい

同僚や上司との飲み会なんてのがあれば、もうその日は終わったも同然。時間だけでなくお金も浪費して愚痴って終わりです。

 

 

お金自体はゲームや生活のために必要なのはわかっています。でも仕事によってゲームライフが確実に阻害されているのは事実だと僕は常に思っています。

 

 

 

なんでも攻略法を考える

仕事自体には魅力を感じていないし今まで書いた通り、ゲームの楽しみを阻害するものとさえ思っているのは分かってもらえたと思います。

 

でもただ愚痴っていても解決しないので、ゲームと同じように攻略法を考えていこうと思うようになりました。

 

仕事と上手く付き合う方法を考えて、少しでも自分のゲームライフを豊かにしてやろう思っています。

 

まぁ仕事をしなくてもお金が手に入るなら確実にしないとは思います(笑)

 

スポンサーリンク

スロットは悪の所行?

社会人になるまではお年玉やお小遣いで自分の好きなゲームを買って遊ぶ日々を送っていました。

 

そして年は18歳となり、高卒で社会人となりました。

 

理由は

 

「早くお金を稼いで、たくさんゲームを買いたい」

 

という単純なゲーマー的な考え。

 

 

そんな考えを持ちつつも、入社当初から人間関係で躓くわけにもいかない。

 

そう思って大人しい僕は、うまく会社の人との関係を保つために飲み会に付き合ったりもしていました。

 

そういった付き合いをしているうちに先輩からも好かれて仲良くなりました。

 

 

 

好かれるのは嬉しかったんですが、でもその先輩って遊びをよく知っている人だったんですよね。

 

その結果、先輩からの誘いも頻繁になり、飲み会だけでは収まらなくなりました。

 

 

ある日、その会社の先輩からの悪魔の誘いが。

 

「スロットいこうぜ」

 

真面目にゲームしかしてこなかった私にはスロットってなんだって感じでした。

 

断るのも印象が悪くなると思い、付いてくことに。

 

 

ですが行ってみてビックリ!貧乏を経験してきた僕にとってスロットは大切なお金を機械に入れて、メダルを回すという悪の所行にしか見えませんでした(笑)

 

でもやらないで帰るわけには…。

 

 

渋々、紙幣を入れてメダルを投入します。もちろん目押しなんて出来ないし、やり方はわからないので先輩指導のもと、ぎこちなくプレイしました。

 

でもビギナーズラックってあるんですよね…。確か打っていた台はネオプラネット。

 

そうすると台から大量のメダルが出るわ出るわ。

 

当時はそれがどれくらいのお金になるかも分かってませんでした。

 

 

結局、スロット初デビューにて大勝を納めることとなり、こんなんで大金になるんだと驚いていました。

 

どっぷりハマってしまうとも知らずに…。

 

 

スロットの魅力に取り憑かれる

ビギナーズラックにて大金を手にした僕。貧乏だった僕にとって衝撃の出来事です。

 

会社帰りにスロットでお金を稼げてしまうなんて。

 

それからは取り憑かれたようにパチスロ屋に通うようになって勝ったり負けたりを繰り返してたんです。

 

 

当然、スロットなんて店が勝つようになっています。

 

でもスロットって研究次第で天井とかゲーム数テーブルとかを知っているだけでも、うまく立ち回れば勝率が上がったりします。

 

そういった情報を駆使して勝てた時の攻略感がたまらなく面白かった。

 

 

スロットの魅力である

 

・お金を稼げる

・自分なりに攻略する

 

この2点が貧乏でゲーム好きの僕にピッタリとフィットしてしまい、やみつきになっていくのでした。

 

 

これから先、スロットからお金をむしり取られるとも知らずに…。

 

 

スロットの洗礼を受ける

スロットの楽しみを感じてからというもの。もう無我夢中でしたね。

 

来る日も来る日もスロットに行ってました。

 

 

貧乏で慎重な性格のおかげもあって最初のほうはそこまで大金をかけることもなく、負けてもそんなに大きくはなかったんです。

 

でも勝ってお金が手に入りだすると、だんだんと財布の紐はゆるくなっていきました。

 

そして負けても

 

「また取り戻せるだろう」

 

と思うようになっていきました。

 

危険な考え方ですね。

 

 

そしてとうとう大きな負けを体験することになるのです。

 

「吉宗」

 

こいつに夢を見て投資しつづけてやってしまいました。

 

 

9万円

 

 

当時の給料の半分を一日に溶かしてしまうという大失態。

 

この事件が僕のスロット至上最高負け額となり、スロットの恐ろしさを体験するのでした。

 

「負けたお金があればゲーム機やゲームソフトも買えてたやん」

 

って思うようになり、これによってスロット熱が少し冷めました。

 

 

今もスロットはしていますが、以前ほどの熱は無くなりました。

 

吉宗恐るべしw

 

スポンサーリンク

僕のゲームスタイルの原点はこれ!

母親からの貧乏の洗礼!

子供の僕にあんな試練と洗礼が待ち構えていようとは…。

 

 

うちの家庭は貧乏でした。それによって母親から数々の洗礼を受けました。

 

今思えばそれらが僕の身に多くのことを刻んでくれたと思えますが、当時の僕はとても辛い思いをしていました。

 

 

まず最初に近所の友達に祭りに誘われたときのことです。

 

祭りとなれば当然お金が必要になります。

 

そこで母親に事情を説明し、お小遣いを要求しました。そしたら

 

 

「そんなお金はない!」

 

 

と言い放たれました。

 

それでも食い下がっているとタンスの引き出しから出してくれて

 

 

「これ持って行き!」

 

 

と小銭を渡されました。

 

「やった!」と心の中でガッツポーズ!

 

しかし浮かれているのもつかの間。

 

よく見るとなんと

 

 

謎の硬貨(笑)

 

 

使えるかも分からないし、恥ずかしくて持っていけないと泣きわめいたのを覚えています。

 

うちの母親はいったいどういった気持ちで渡したんだろ。そのままそれを握って祭りに繰り出すとでも思ったんでしょうか(笑)

 

結局無一文で祭りに行くはめになりました…。

 

 

 

他にもあります。

 

学校で家庭科の授業がありますよね?

 

家庭科で裁縫の授業があり、その裁縫箱の販売も学校で行っていてパンフレットが配られました。

 

パンフレットにはアニメキャラや小学生向けの柄の裁縫箱が何種類かプリントされてました。

 

必要なものだし当然買ってもらえるものと思い、母親にパンフレットを渡して裁縫箱がいる事を伝えました。

 

すると

 

 

「これ持っていき」

 

 

と渡されたのが

 

家で使っている「歌舞伎顔のだるまがプリントされている裁縫箱(笑)

 

大人となった今なら笑いのネタとして学校に持っていく自信があるけど、小学生の時の僕は大人しい性格です。

 

恥ずかしくてとても持っていく気になれず、泣きわめいて母親に反論したのを覚えています。

 

結局、母親にしばかれて嫌々持っていきましたが…。

 

このように僕の幼少期は貧乏の洗礼を受けたのでした。

 

 

貧乏はゲームスタイルをも変えてしまう

上にも書いたように、幼少期は貧乏生活を送っていました。

 

こうやって子供の頃に味わった苦労やコンプレックスって大きな影響を与えますよね。

 

・体のこと

・家のこと

・お金のこと

 

僕の場合はお金でした。

貧乏の場合は使えるお金が少ないからお金に対してシビアになります。買うときは慎重になりますし、逆に物を大切にします。

 

貧乏によって染み付いたケチ&慎重さの性質はゲームスタイルにも影響を与えてました。

 

・無駄なものは買わない。
・貴重アイテムは極力使わない。
・装備は充実させてから進む。

これが僕のRPGのプレイスタイルとなっています。

 

 

その影響からかファイナルファンタジーではエリクサー以上のアイテムなんて使ったことないですし、ドラクエでは世界樹の葉も使いません。

 

店に売ってないアイテムは基本使わないんです。使ってしまったら後で必要なときに後悔するかもって思ってしまうから…。

 

使えばもっと楽なのに、そのままゲームクリアしてしまうくらいケチ&慎重派です(笑)

 

 

 

ケチ&慎重だけではない

貧乏生活によって身についたのはケチ&慎重さだけではありません。

 

小学生高学年になっても家族からゲームを買ってもらえることはなく、自力でお年玉を貯めてゲームボーイを購入したんです。

 

ですがお年玉にも限界があり、本体とソフトを一つ買うのが精一杯。

 

今でも忘れません。ゲームボーイソフトの

 

 

「SaGa3」

 

 

これを自分で買ったんです。ホントにうれしかったです。

 

 

楽しくプレイしたのは良かったんですが、RPGってクリアしちゃうと終わりですよね。

 

普通ならもうやらないんでしょうけど、僕は違いました。

 

クリアしてもレベルを上げたり、ダンジョンを色々探索したり色々と遊んでいました。

 

今でこそRPGなんてクリア後の隠しボスやダンジョンなんてのが備わってることが多いですが、昔のゲームボーイソフトはそんなのありません。それでも他にゲームソフトが無いから、レベルを上げたり、キャラの育て方を考えたり、ダンジョンを隅々まで探索したりと色んな遊び方を研究してました。(よくやってたな、オイ)

 

 

こうしてゲームソフトをあまり買えない僕は、やり込みというゲームスタイルも身につけることとなったんです。

スポンサーリンク

貧乏性ゲーマー誕生秘話

最大の友との出会い

「ボールは友達!」

 

知ってますか?キャプテン翼の名言ですね。

 

幼少期の翼くんはいつ何時でもサッカーのことを考えてボールと共に行動してましたよね。僕にとってはボールがゲームでした。

 

僕は関西で四人兄姉の末っ子として生まれました。しかも上の二人は10歳以上離れていて兄姉という感覚は薄く、話しかけるのすら怖かったのを覚えています。兄姉みんな年上で「恐いなぁ」と勝手に思い、遠慮と怯えを抱きつつ育っていきました。その結果、大人しく遠慮がちな性格になりました。

 

 

今思えばもっと遠慮なく接していけば同じ家族ですし普通に優しくされてたと思います。

それに気づかず大人しく生活していました。

 

そんな周りに遠慮ばっかりの僕に転機が!

 

 

近所の友達の家に遊びにいったときのことです。

そこで初めてファミコンに出会い、プレイして衝撃を受けました!

 

「めっちゃ面白い!!」

 

たしかその時のソフトは「カンフー」でした。知ってます?

一瞬でゲームの虜になりました。

いつも控えめな生活をしてても、ゲームの世界では自分が主役になれる。

そこに喜びを感じたのではと今では思いますね。

 

 

それ以降に考えてたのはゲームのことばかり。どうすればゲームができるかを考えたり、ゲームをするために幼馴染みと遊ぶのは日常茶飯事となっていきました。そういう形でゲームへの欲求を満たしていました。

 

 

 

貧乏という障害を乗り越えて!

友達と遊ぶことでゲームをさせてもらう方法で何年かはゲーム欲求を満たしていたわけですが、色々と不満を感じるようになってきました。

 

 

まず

 

「相手の都合が悪いと遊べない!」

 

 

 

そして遊べたとしても

 

「家庭のルールで一時間という時間縛り!」

 

 

最近はよく分からないですけど、昔はよくありましたよね?

「目が悪くなるからゲームは1時間だけ」みたいなの。

これではとても自分の欲求を満たせませんでした。

 

 

でも僕自信の家庭は貧しく、ゲーム機やソフトを買ってもらうことはできなかったんです。

やりたくでも出来ないと余計にやりたくなりません?

 

ゲームは買えない、でもやりたい。だけどゲームを持ってる友達と遊ぶのには向こうの都合もあるので自由はきかない…。

 

 

そこで編み出した方法が

 

「大型スーパーのゲームコーナー」

 

大型スーパーのゲームコーナーっておすすめソフトの体験用に実機を置いてたりしますよね?そこに目をつけて、そこでゲームをやるという方法を編み出しました。

 

 

編み出してからは、ずっと入り浸っていましたね。

時間は無制限でいつでも遊べるわけですから。

大人になってから思い返すと、何て恥ずかしい子供なんだと思ってしまいます(笑)

 

 

 

でも子供の頃はそんなこと微塵も考えずにゲーム欲求を満たしていました。

 

あまりに入り浸ったので、マリオカートのタイムアタックで一位のタイムを叩き出すまでに成長し、ゲーマーへの歩みを進めていくのでした(笑)

 

スポンサーリンク

【FF15検証】レガリアはどこまで壊せるのか

ファイナルファンタジー15は今の時代を取り入れた内容になってるなと感じます。

 

移動はレガリアという車に乗るし、主人公のノクティスは携帯電話を使ったりするんですよ。

 

「今時の若者か!」

 

って突っ込みたくなります(笑)

 

さらに車はオートドライブとマニュアルドライブの二種類あって、オートドライブは指定した場所までイグニスが運転してくれます。

 

 

マニュアルドライブは自分で操作して運転します。マニュアルドライブも完全ではないですが、自分でもハンドル操作はある程度できます。

 

なので運転の仕方と場所によってはガードレールなんかにぶつかったりすることもある点です(笑)

 

 

リアルなことにぶつかると車体やフロントガラスにヒビが入ったりして壊れます。しかも修理費までかかる始末。

 

リアルすぎる!

 

そして、こんなにリアルだと気になるのがタイトルの通り

 

「レガリアはどこまで壊れるのか」

 

ということです。気になりません?

 

《僕の予想》
何段階か破損段階はあり、修理費も比例して上がっていく。

でも動かなくなることはない。

 

 

ということで検証してみました。

 

《1回衝突》

車体へ傷とフロントガラスにヒビが入る

修理費用500ギル

 

 

《6回衝突》

注意喚起メッセージが表示されます。

「一定量の損傷で性能が落ちますよ」的なものです。

 

表示後、ガソリンメーター付近に異常マークがつきます。

 

 

《15回衝突》

一回目と同じ車体傷

 

《20回衝突》

1回目と同じ車体傷

 

 

《25回衝突》

1回目と同じ車体傷

 

 

《30回衝突》

1回目と同じ車体傷

 

 

【まとめ】

検証結果はこんな感じでした。破損に関するグラフィックは1通りでした。何回当たっても同じです。

 

ただ意外だったのは6回目での注意喚起メッセージ。走行に著しい能力低下ってのはビックリでしたね。

 

修理費用についても検証したかったんですけど、進行状況上、ハンマーヘッドへ修理に持っていけなかったのが残念でした。今度検証してみます。

スポンサーリンク

【FF15小技】ダッシュのスタミナ回復方法

ファイナルファンタジー15ではフィールド上で◯ボタンを押すことでダッシュすることができます。

 

ダッシュするとノクティスの上部にST(スタミナ)ゲージが表示されて、スタミナがある間だけ走れるというもの。

 

ずっと走ってゲージが無くなるとしばらくは回復するまでダッシュができない状態になってしまいます。

 

早く移動したいけど、ずっとはダッシュできない。気にせず走ってゲージを使い切るとしばらくは走れない…。

 

イラっとしません?(笑)

 

 

ですがそのスタミナ。ある条件下で一気に回復するんです。

ちょっとした小技ですが知ってると割と便利ですよ?

 

まず走るとこんな感じでゲージが減ります。

 

 

そしてそのまま走って、ゲージが無くなりかけのタイミング!

 

「ST」の文字のSの下辺りです!

ここで◯ボタンを放すとスタミナがMAXまで一気に回復します。理由は知りません(笑)

 

僕はたまたま見つけちゃいましたよ。説明書見直してみたけど載ってない。

 

昔のファミコンとかスーパーファミコンの時は説明書もしっかりしてた記憶なんですが、最近はペラペラで書いてる内容が少ないですよね。なんでなんでしょうかね。

 

 

他にも小技が色々と潜んでるかも知れないですね。自分なりにプレイして、そういったのを見つけるのもまた楽しいんですよね!今後のプレイも楽しみです。

スポンサーリンク

PSVITAのリモートプレイが便利な3つの点!

あなたは結婚してますか?

 

僕はしています。

 

結婚してたら奥さんと一緒に生活しているのでテレビも共有してたりしますよね。

そしたら奥さんとテレビの取り合いとかになりません?

 

あるいは遠慮してゲームを控えたりなんてこともあるかも・・・

 

 

でもPlayStation Vitaがあるとリモートプレイができるのでそんな問題も解決します。

実際にうちでは導入してみたので感想を書いていきますね。

 

 

◆便利な点◆

①PS4をテレビにさえ繋いでいればテレビを点けなくてもVitaでプレイできる

②wifiで通信するのである程度は離れてもプレイできる

③布団の中でもできるw

 

 

①についてですがリモートプレイ中はVita側で音声や映像が出るのでテレビは消しててもOK。

 

なので奥さんや子供がテレビを見ていても問題なしです。

 

 

②についてはwifiで通信するので無線になるから、部屋を跨いでも通信できてればOK。

なのでプレイする場所にも融通が利くのも嬉しかった点です。

 

 

③について。布団の中でできる!すごい嬉しい点と感じましたw

 

ゲーマーの人に聞きたい。冬場ってプレイ中は手が冷えませんか?

裕福な家ならエアコンで部屋暖めてるからそんなことないのかな?

 

うちは昔貧乏だったのもあって暖房にエアコンなんてなかったです。

 

今はあるけど昔からの習慣か、あんまりつけないです。

なのでコントローラを握る手がめっちゃ冷えるんですよ::

 

そんな時に布団にくるまってVitaでリモートプレイできると手も冷えずに快適ですw

 

 

ということでVitaのリモートプレイについての感想でした。

 

 

 

スポンサーリンク

【FF15攻略】クジャタを低レベルで倒す方法を紹介します!

レガリアを取り戻すあたりで遭遇することができる

 

「クジャタ」

 

はかなりの高レベルです。レベル50台はあります。

でも初遭遇した時には自分達はレベルは50もないはずです。

 

 

なのでレガリア奪還の時には逃げる想定だと思います。

 

でも僕は本来はスルーするべき敵を倒したくなるんです。ゲーマーの血が騒ぐってもんです(笑)

 

ということで自分なりの攻略法で倒してみました。ちなみに討伐時のレベルは30前後です。

 

 

《作戦》

低レベルで正攻法だとかなりきつい。当たっただけてHPをガッツリ削られます。仲間も勝手に死ぬし、大変です。

なので逃げ回りつつ毒で削る方法で倒しました。

 

《準備》
ポーションと毒消しをできるだけ買っておく
毒を付与させた魔法(毒で削るので低威力で⭕)
ノーマルの武器を装備

《手順》

①毒付与の魔法を当てる
②逃げ回りつつ毒が切れてないかを観察
③仲間は死んでも放置
④自分一人になったら戦闘エリアから一瞬出て戻る
⑤①~④を繰り返し

 

※注意※
戦闘エリアから出てる時間が長くなるとクジャタのHPが回復してしまうので気を付けないといけません。

 

《感想》
経験値は多かったけど倒すのに時間がかかるし、仲間が死んでたりすると経験値を貰えないキャラなんかもでて、経験値にバラツキがてます。

あと手に入るアイテムもそんなに高価じゃなかったのでメリットを感じなかったですね・・・。

 

 

この手法で「ミドガルズオルム」も倒すことに成功しました。

 

ですがこっちはかなり敵の動きが早めですし、攻撃が広範囲だったり遠距離攻撃もあるので戦いづらいので大変でした。

 

 

頑張ったわりにそこまでメリットは感じられなかったですね…。やる意味はあんまりないかもです。

スポンサーリンク

ファイナルファンタジー15の魔法は合成次第で強力になる

 

ファイナルファンタジー15では魔法は合成して作らないとダメみたいですね。

 

素材が「炎」「氷」「雷」の三種類しかないから微妙!

って思ってあんまり使ってなかったです。

 

だって3つをMAXで合成しても「マジック」しかできん!

そう思ってしまってました。

 

でも僕が使いこなせてなかっただけなんですよね・・・。

重要なポイントに気付いてなかったんです。

 

「アイテム」も合成できるということに!!

 

   ●炎

●氷    ●雷

   ○アイテム

 

○のアイテムのところで決定ボタンを押すことで合成するアイテムを選択できるんですね。

チャプター3くらいまで気付かなかった・・・

 

 

合成することで威力もあがるし、貴重なアイテムであればあるほど付与される効果も強い。

 

なので魔法の幅も広がっていくわけですね。

 

ただ僕は貴重なアイテムは極力使わないケチな性格

 

今までのFFシリーズでは「エリクサー」レベルの貴重なアイテムは使わずにクリアするくらいケチですw

 

なので魔法合成にもそのケチな性格が出て、あまりアイテムは合成できてませんw

そんな僕でもオススメなのは

 

「毒消し」です。

 

「毒消し」は一個10ギルで気軽に使えるし、魔法に毒の付与がされるので便利です。

 

安いから数も使えて付与レベルも上げ易いのがメリットです。

(今回はお金稼ぎも楽じゃないですからね)

 

ボスというよりかは道中の強めの雑魚用の魔法作成には重宝しています。

他にも薬品系は基本安くて気軽に合成できるのでオススメです。

 

自分だけの秘密の組み合わせを考えるのも楽しいですね。黙々と色々と試してしまいました(笑)

 

皆さんも色々と試してみてください。

 

魔法合成はアイテムも合成できる!

付加効果も付くので積極的に合成した方が楽になる!

スポンサーリンク

ファイナルファンタジー15を購入!そして「正宗」は弱い。

 

ゲームブログを始めてから初めてのゲームプレイを始めます。

 

 

記念すべき最初のソフトは

 

「ファイナルファンタジー15」

 

発売してから既に2ヶ月くらい経ってるけど着々とプレイしてますよ!

しかもPS4も同時に買いました。

 

PS4のルナエディションとファイナルファンタジー15の同梱版を買ったので購入特典の「正宗」のシリアルコード付きです。

 

 

でも「正宗」のことをうっかり忘れてて、シリアルコードを入力しないままに進めちゃいました。

 

 

そして今日あわてて入力したけど無事に入手はできました。

 

 

手には入ったけど、正直

 

「弱い」

 

ガッカリでした。

 

 

ファイナルファンタジーのファンなら正宗に凄い期待をすると思うんですよね・・・。

 

「攻撃力 88」

 

orz

 

でもファイナルファンタジー15ではコレクションとしての役割しかないように感じましたね。

 

 

せめて同じくルナエディションを買った人は、開始後すぐにシリアルコードを入力してください。

 

そうすれば序盤は少しは役に立つと思います。進めてしまうとホントに使えないんで・・・。

 

同じ過ちを犯す人が少しでも減ってほしいものです。

 

同梱特典の正宗は弱い!

即入手して最初から使おう!

鑑賞用には使えます。

スポンサーリンク

プロフィール
カテゴリー
人気記事
最近の投稿

ページの先頭へ